FC2ブログ

Charlotte(シャーロット)イッキ観の感想

羽生結弦くんが好きなアニメとしてシュタインズゲートとシャーロットを挙げていたというネット記事を読んで
シュタゲは最近アマゾンプライムビデオで観返したので
シャーロットを観返してみよう!と(^v^)

アマプラでシャーロットをイッキ観したので感想です!
ネタバレありなので、ネタバレを食らいたくない方はまわれ右(^人^)

まず思ったのが、シュタゲとジャンル似てるよね~~っていうこと!
一人の人間が好きなアニメとして挙げただけあって(?)似たアニメです。
大切な人を助けるために男の子が頑張るアニメです。
羽生くんはこんな風に、大切な人を自分がぼろぼろになってでも守りたい、救いたいという願いがあるのでしょうか…。
身体をボロボロにしてまで国民の期待を背負って金メダルを二度も獲ったんですから、ある意味その願いは達成されているのかも。
じゃあ自分と重ねて感情移入しやすいのかな。。。
なんてセンチメンタルに考えちゃいますね!
…とか言ってますが、すみません、羽生選手のこと、極度のプーさん好きぐらいの認識しかありません(´・ω・`)

シュタゲ、シャーロットが好きならぜったいまどマギとウテナも好きだと思うんだけど、この2作は主人公が女の子だから刺さらないかなあ。

シャーロットの話に戻ります。
シュタゲを見ていた時にも感じたんですが、「ネタばらし編」になるまでが長い!
シュタゲだと過去改変をやりなおしていくパートですね。
シャーロットでは妹の死以降でしょうか…。
それまでのパートがまったくいらないわけではないし、伏線もたくさんあるんですけど、どうにも後半バタバタしすぎというか。
シュタゲはそうでもないかな。シュタゲは12話で良かったかな…。12話になれてると長~く感じる…。
シャーロットはあきらかに後半バタバタしちゃいましたよね~~。

あとそうだ、最初に観た時に思ったのが、岡本倫先生の極黒のブリュンヒルデに似てる!でした。
(極黒のアニメも原作が完結してないのもあって最後はすごいバタバタだったな…)
異能ものだし、「黒羽」って苗字のヒロインが出てくるとこまで一緒だし…。
シャーロットはやさしい極黒ってかんじ。
逆に言うとシャーロットが好きでグロが大丈夫なら極黒のブリュンヒルデもぜったい楽しめる!…かと。

極黒のブリュンヒルデはアニメこそバッタバタでイミフな最終回を迎えてしまいましたが、原作コミックはきちっと終わりましたよ!
ウテナとかラーゼフォンとかまどマギとか的な終わり方…にうぃずは感じました。
いけない、また脱線しちゃった。

シャーロットの終盤はけっこう納得いかない点もあったんですよねー。
シュタゲもあったけど。一回クリスを救うのに失敗しなきゃだめって展開がなんじゃそりゃ…ってなっちゃって…(^v^)
シャーロットの、お兄ちゃんが弟と妹の記憶を消したこと。
まじで謎なんですよね。
だって弟(主人公)がすごい能力を持ってること知ってるはずじゃないですか。
妹の能力も知ってたよね…。
記憶消さずに近くに置いて見守った方がぜったい良かったと思うんだけど…。
あそこがうぃず的には理解できませんでした。
あと、主人公が記憶失っちゃって終わるじゃないですか。
戻らんのかーーーい!って思った…。
プーも死ぬ必要なくなかった?!
クリスを助けるのに失敗しなくちゃ云々ぐらい無理だった…いやいやプー救いに戻れよっていう…。
羽生くんはあんなにプーさん好きなのにプーだけ死んじゃうアニメを好きって言えるなんて、よほどの愛だよ。
シャーロット愛だよ。

能力には欠点が必ずあるって設定でしたけど、主人公が能力奪いまくるパートではもうその設定どっか行ってましたよね…副作用がぜんぶ「記憶が消える」に集約されたとか?
おとなになると余計なことをたくさん考えすぎてだめですね。
もっとなにも考えずに純粋にアニメを楽しめたころに戻り…たいとは特に思いません!いまも楽しいもん!(^q^)

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する