FC2ブログ

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 5話と6話の感想

すかすか6話見ま見ま!!!
5話と6話はがっつり繋がっている印象だったのでまとめて感想書きます~(^人^)
4話で戦地から無事に(?)帰ってきたクトリちゃんに熱烈ハグしてビンタされたヴィレムくん。
5話冒頭はクトリが戦場で垣間見た幻覚が登場。
目が赤くなり、視界が朱に染まり…謎のようじょの幻聴まで聞えます。
こ、こわーー!!
早くおうちに帰ってバターケーキを食べないといけないのに、ケモお姉さんのお父さんが暗殺されそうだとかでヴィレムくんに力添えを頼んできます。
ええいかえらせろー!
ヴィレムくんティアットを迎えに行く時間だ!とつれない態度ですが、なんだかんだで結局巻き込まれちゃいます。
一方クトリちゃんは道中一緒ですが、ずっと幻聴と幻覚が気になって元気が無い様子です。
ケモ姉さんともバイバイして、やっとおうちに帰れる…というところで、ヴィレムくんにお呼び出しがかかります。
最初は断りますが、会わなければならない相手の名前を聞いた途端、態度を変えます。
行ってしまおうとするヴィレムを必死に引きとめるクトリ。
しかし、ヴィレムは行ってしまいます…。
おうちに帰ってきて、「ただいま」を言いかけますが、本当にただいまを言いたかった相手のヴィレムくんはここにはいません(´;ω;`)
5話でクトリがなんであんなにヴィレムと一緒に帰れないのを嫌がっていたのか謎だったのですが、6話を観て超納得しました。
クトリには時間がなかったんですね。
ヴィレムくんはかつての仲間のスウォンから、妖精が死んだ子供の魂から作られていること、寿命が短く、魔力的なものを使いすぎると前世の記憶に浸食されて精神崩壊を起こすことなどを教えられます。
クトリは「帰る」ために魔力をいっぱい使って奮闘した結果、前世の記憶に浸食されて精神崩壊しかけてるんですねー。うおー。
スウォンはダグウェポンのメンテナンスを唯一できるヴィレムくんに協力を仰ぎますが、「妖精はいくらでも調達できる」というスウォンの言葉にブチ切れちゃって決裂してしまいます。
すぐ死ぬとしても、使い捨ての兵器だとしても、スウォンに協力するよりも妖精たちと短い生を共に生きたいと思ったんですかねー。
もともとヴィレムくんは世捨て人状態でずっと死ぬことだけを考えていたと5話で語っていましたもんね。
いまのヴィレムくんは妖精たちのために生きてるんでしょうね。
そして、スウォンくんとバイバイして家に戻ったヴィレムくんですが……。
時すでに遅し、クトリちゃんは廃人になってしまっていました……(´;ω;`)
嘘やん6話でヒロインが精神崩壊するアニメ有り?!?!?!?!
クトリがベッドに横たわる部屋でナイグラートさんと呑むヴィレムくん。
もう一人で泣くのは疲れちゃった…とナイグラートさん。ええやつやなこのひと。
ヴィレムくんは、「クトリは幸せにしてやりたかった――まったくあいつはこんな男のどこが気に入ったんだか……」と……
言うと
「そんなこともわからないの?」
と後ろから声が!
「だってきみは私に色々な初めてを見せてくれた人……だから初めて好きになった相手がきみなのは当たり前のこと」
バターケーキの約束を果たすために精神世界から帰ってきたクトリちゃん!
やっと、ヴィレムくんはクトリちゃんに「おかえり」を言えました。
いやーーーーー、感動で鳥肌立ちました!(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)
クトリちゃん戻ってこれて良かったよう(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)
次回はいよいよ約束のバターケーキですかね!!楽しみです!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する