終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 7話の感想

すかすか7話視聴しま!!!
前回、精神崩壊から生還したクトリちゃん、なにやら前髪に赤い髪が……。
精神世界?みたいなところで出会ったようじょも赤髪だったし、前世の影響でしょうか?
場面は地上調査艇にうつり、調査艇に乗っている2人の新キャラが登場!
新キャラのラーンちゃんはなにやら本を読んでいるようす。
ノフトちゃんはヒマだ~~と騒いでいます。
ラーンちゃんの読んでいる本には「人間という種は存在してはならなかった」とか「神の最初の、そして最大の過ちである」とかドイヒーなことが書いてありますw
人類全否定……w
そのあとノフトとラーンが神作画のミートパイ食べたり、クトリがみんなの前に出て来たり赤い髪を隠そうと帽子かぶってたり、ナイグラートさんに健康診断されたりします。
ナイグラートさんによると、クトリは妖精兵としての能力を失ったようす??
武器を使えない妖精兵なんて……と言うクトリに、ナイさんは「花嫁修業でもしてみる?」と提案しますw
なんでもヴィレムくんの契約がもうじき切れてしまうとのこと。
俺の還る場所はここだ!と植え付けるためにケコーンしろとw
本当は私が立候補しようと思ってたんだけど~とナイさんが言うと、すぐの「それはダメ!」とクトリ。
一方、ヴィレムくんは約束のバターケーキを焼きます。
ようじょ妖精に「お父さん」と言われるヴィレムくん……そういえばヴィレムって年齢いくつなんだ?w
クトリが気を遣わないようにみんなにバターケーキをふるまうヴィレムくんですが、
肝心のクトリの姿がありません。
どうやら、みんなの前であまいものを嬉しそうに食べてるところを見せるのが恥ずかしいそうですw
子供っぽくていやだと気にしてることが子供なかわゆいクトリちゃん(*´ω`*)(*´ω`*)(*´ω`*)
バターケーキを口に運ぶクトリ。
約束を守れた……と涙を流します。
ヴィレムくんは「おかえり」と言い、クトリは椅子を蹴ってヴィレムにすがりつき、「ただいま、帰りました」と言います。
ああ~~~~約束守れてよかった~~!!!フラグに勝った~~~!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。
「赤い髪、変かな?」と言うクトリ、ヴィレムくんはクトリの頭をわしゃわしゃしながら「綺麗な色だ。似合ってるぞ」とにっこり。
そう、ふーん……と嬉しそうなクトリw
かわいい(*´ω`*)
「もう平気だから!炊事とか洗濯とかいっぱいやることあるし!覚悟して待っててね!」
と言って、はむっとバターケーキを頬張るクトリ……可愛すぎるんでーすーけーどーーー!!!!!!!!
さっきの涙がちょこっと残ってるところがまぁ~~~可愛い(*´ω`*)
炊事とか洗濯とか……と宣言したクトリですが、ヴィレムくんのおけつを追いかけてばかりで、アイセアとレンに「ヴィレム専用」と言われる始末w
料理をするクトリ、厨房を私物化してヴィレム好みの味付けばかりしているのをアイセアに揶揄されますw
「綺麗な色だ。似合ってる。っす」とヴィレムのモノマネをしながらイケボでクトリの髪に触れるアイセアwwwwwww
イケメンwwwwwwwww
一方、ヴィレムくんはトカゲのおっさんとナイグラートさんと3人でなにやら会議。
クトリちゃんが妖精兵としての力を失ったのに、妖精兵には除籍も引退もないため、クトリに出撃命令が下る可能性があるとのこと。
ヴィレムくんはこないだ会いにいった大賢者の名前を出します。
大賢者にクトリの面倒を俺に見させろと暗に伝えちゃうそうです。
すごい権力者と旧知でよかったねwwwwwww
大賢者に会いにいく時クトリちゃんにめっちゃ止められましたけど、結果的に行っといてよかったですねえ。
クトリはこれでいいとして、妖精兵がアイセアとネフレンとティアットだけになっていいのか?と言うヴィレムくん。
ナイさんは「そういえばあなたまだ来て1ヵ月だったわね」とキョトン。
冒頭に出てきた2人、ノフトとラーンはここの妖精兵だったんですね~。
しかし、なんと冒頭の調査艇が墜落したとのことw
地上で獣と戦闘になるノフトとラーン。
えーと、次回はノフトとラーンの救出ですかね?
なんかサブタイが不穏で心配になります!!!!!!!!!!

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

ID-0 第7話 感想

ID-0 7話見ました~!!!
突然の3年前w
イドさんが新入社員としてエスカベイト社にやってきたところの回想のようです。
イドさんってまだエスカベイト社に入って3年だったんですね。意外と最近。
開口一番、「事故に巻き込まれ救出できる可能性がないと判断した場合俺はアンタ達を容赦なく見捨てる」と宣言w
逆の場合は?と尋ねられると「もちろん迷わず見捨ててくれ」とスッパリ。
そんな回想をしていたのはスピードスターのリックさんでした。
星に呑みこまれていったイドさんを助けようと、リックとアマンザさんの2人が奮闘します!!!(*°∀°)=3
そういえば移動天体とリックさん、アマンザさんはジャンプで移動しちゃったんですよね。
ストゥルティー号もあとを追いかけてジャンプしてくると思いますが……。
リックは「ストゥルティー号が来るまで待たない?」と提案。
アマンザさんはマヤの生命維持装置の時間が限られていることを指摘します。
なにげにイドさんよりもアリスちゃんよりも、宇宙服一丁のマヤがピンチ?!(/・ω・)/
気絶中のマヤは大学の夢(走馬灯?)を見ています。
「ここは私の居場所じゃない」と難しい表情のマヤちゃん。
「起きろマヤ!」というイドさんの声で目覚めます。
目覚めたマヤちゃん、イドさんから状況を聞かされます。
マヤちゃんの生命維持システムの残り時間は2時間弱……。
アリスちゃんは体の周囲で、空間転移が起こって二酸化炭素除去と酸素供給をしているそうですが、こちらも徐々に数値が下がっていて残り3時間しかもたないようです。
「アリスを失うわけにはいかない……3時間以内に脱出する」
ちょwイドさん、マヤはーー?!
マヤが「私はー?!」と言っているのをガンスルーして、イドさんは頭上に昔この岩に取りこまれたと思われる探査機があることをマヤさんに伝えます。
何か情報を得られるかも……と探査機の調査をすることになったマヤちゃん。
一方、リックさんは掘削機ごと岩石に吹っ飛ばされていましたw
イドさんに視覚情報を送りながら探査機に乗り込むマヤちゃんですが……目が覚めたアリスちゃんがマヤを追いかけて探査機に入ってきちゃいます。
さらに、探査機のクルーとおぼしき遺体とご対面してテンパるマヤw
落ちつけ!とたしなめるイドさん。
ただでさえ残り少ない酸素が……w
航海ログをゲットしてさぁあとは帰るだけ……なのに今度は至近距離で遺体とご対面wwww
絶叫するマヤ、やれやれ、と頭が痛そうなイドw
一方リックとアマンザさんは……
「ミクリ・マヤの生命維持システムはもってあと1時間だ」
「もう諦めよっか!」
あっけらかんと言ってのけるリックですが「でもなーまだ残ってんだよ、可能性ってやつが!」と、今度は岩石をおびき寄せて天体の周囲をぐるんぐるん回り、天体を薄くする地道な作戦に!w間に合うんかー?!w
んーでもでもリックさんがいつになくカッコ良くて頼もしいです!
イド・マヤ・アリスサイドは、航海ログをイドさんに繋いで中身を見てみるみたいです。
大部分が破損した音声データらしいです。
なにやらオリハルトに関する不穏な会話が繰り広げられています。
そして最後に「ドクター有栖川」という声が。
アリス=有栖川説?!
音声データからの推察によると、移動天体はオリハルトを追っていたようです。
狙われていたのはアリスちゃんじゃなくてストゥルティー号がたくさんゲットしたオリハルトだった?
ミゲルネットがいびつなのも移動天体の遭遇ポイントを避けていたからで……オリハルトの危険な部分やリスクを偉い人たちが隠ぺいしていたことがなんとなくわかります。
こえー!隠したらあかんやつー!
一方、またまたリックさん。
リックさんはアマンザさんと軽い感じで会話していますが、かなりギリギリな感じで必死に岩を薄くしています。
アマンザさんはダメになった掘削機をゲット。
どうやら「プランB」があるそうです。
……と、ここでリックさんの回想。
溶岩?みたいなところで両足を失って瀕死のリックさんw
「クソ……ドジったぜ」「これまでか……」と死にかけのリックさんw
するとそこへ華麗にイドさんが登場!!
「イド?!?!見捨てるんじゃなかったのかよ!!」
「可能性がない場合はそうする。今回は数値は低いが救出の可能性はあった。だからこうした」
「可能性?どのくらい?」
7パーセント
「ハハ……お前バカチンだろ」
ばかちん呼ばわりwwwwwww
「助けてもらった礼がそれか?」

「これから返すんだよ。お礼ってやつをな!」

リックさんかっけーーーー!!!!!!!
岩が薄くなったところで、アマンザさんが掘削機を撃って爆破!
これで岩を砕いて救出する「プランB」ですが……。
イドさんは爆破の衝撃に「助けが!」と反応しますが、マヤはそろそろ生命維持システムが限界に……。
イドさんはめげずに手で岩を掘り始めます!
マヤは息苦しくなりながら、「私、自分の居場所が無くて……」と昔の自分の気持ちを語り始めます。
「おかしいんです。こんなにとんでもない目に遭ってるのにちょっといいななんて思ってたりして……」
マヤちゃんは自分の居場所をストゥルティー号でみつけたみたいです。
「お前もう諦めるのか!可能性は残っている!」
叫ぶイドさん。
「アリスちゃんを……」と言い残し脱力するマヤに、アリスちゃんも絶叫!
マヤー!!折角自分の居場所みつけたのに死んだらあかーん!!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。
マヤの生命維持システムが尽きたことはリックとアマンザさんも気づいていました。
ちくしょう!なにか方法はないのか!と言うリックの声に、応える声が!
パ、パパ~~!!
やっとこストゥルティー号が到着!!!!!!
半年分の稼ぎのオリハルトでオリハルト転移弾頭を発射ー!!!!
無事にイドさんたちが中からポン!と出てきます。
イド!と声をかけるリックに向かって「無茶するな!俺ならとっくに見捨ててる!」と言うイドさんw
リック「嘘こいてんじゃねぇよ!」
かわいいwwwwイドさん絶対見捨てないもんねwwwwwww7パーでも助けにくるもんねwwwwwww
ていうか0.0000001パーでも助かる可能性がある限りは見捨てないんでしょ?優しすぎひん????
イドさんの手の中ではアリスちゃんが自分の体にマヤを引きよせて酸素供給システムを共有して助けていました。
目を覚ましたマヤに笑顔を向けるアリスちゃん!かわいいw
これにて一件落着……とはいかないようで、移動天体はまだストゥルティー号を追いかけてきています。
社長はしぶしぶ、この前掘削した巨大なオリハルトを移動天体にぶつけます。
いよいよイドさんの過去に近づき、オリハルトの謎も徐々に明かされてきましたねー!
この先どうなるのかワクワクドキドキします!
マヤが息も絶え絶えに、今の自分が「ちょっといいななんて思ってたりして……」とイドさんに語るシーンはぐっときました。泣けましたねー(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

ID-0 第6話 感想

ID-0 6話見ました~!!!
イドさんに少し記憶が戻り、ようじょの名前が「アリス」と判明した前回。
宇宙空間に放り出されても無事なアリスちゃんですが、なにやら前駆重力波とかいうのを纏っていて、自力で宇宙服的なものを作りだして身を守っているようです。
いちおう無事だけどやはり宇宙空間にずっといられるわけではないのかな?
「過去は渡さない!」とアリスちゃんを守るイドさん。かっけー。
しかし、イドさんを心配して、そんな危険なようじょ捨てたら?と無情な提案をするアマンザさん。
グレイマン社長から、イドさんが本気でアリスちゃんを守ろうとしていること、その本気に応えないクルーはこの船にいないことをアマンザさんに熱弁!アマンザさんはイドさんのサポートに行くことに……。
マヤもイドのサポートに行きたがりますが、クレアのサポートがあるだろ!と却下されちゃいます。
クレアは「イドさんすごーい!アイマシンなのに2人の女性のハートを射抜いちゃってます!」とニッコリ(*´ω`*)
いやー、たしかに見た目ロボでぜんぜん表情とかないですけど、かっこいいですもんねー。イドさんー。そりゃ惚れますわー。
しかし、オリハルトが空間転移でオルハルトを呼び、オリハルトがオリハルトを呼びそのオリハルトがまたオリハルトを呼び……と、かなり危険そうな状況に。
するとそこへ、謎のアイマシンの団体さんが登場。どうやら味方のようです。
連盟の条約順守機構のオブザーバーさんたちがエスカベイド社を尋ねてきたもよう。
オブザーバーのお兄さんはグレイマン社長にオイシイ話を持ち込みますが、話し合いの結果満場一致でオブザーバーさんには従わないことになります……が、ちょっと目を離したすきにオブザーバーさんにアリスちゃんが奪われてしまいます。
やっぱりアリスが狙いかー!!と奪還に向かいますが……
マヤはアリスちゃんを奪還するどころか人質2号になってしまいますw(/∀^)アチャー
シャトルで脱出しようとするオブザーバーさんですが……イドさんが追いかけてきます!
イドさんを目の前にしたオブザーバーさんは動揺して「まさか……生きていたのか?!」と、どうやらイドさんを、しかも過去のイドさんを知っているようす?!?!
しかし、折角イドさんを知っている人に出逢えたのに、オブザーバーさんはあっさり死亡w
マヤとアリスは無事にイドさんに助けられます……が、ずっとアリスを追っていた衛星タソが超巨大化してイドさんを呑みこみます!!
衛星に呑みこまれていったイドさん、マヤ、アリス……まままままままじかかあかあああああ!!!!!
しかもエンディング後のCパートでオブザーバーさんが死の直前になにやら伝言を遺していたことが明らかになります。
「信じ難い事だが彼と思しき存在を目撃した」イドさんのことだよね?
「生きているなら抹殺すべきだ!彼は……彼は人類の敵です!」ええええええΣ(゚Д゚;
まさかのイドさん人類の敵説……Σ(゚Д゚;エーッ!

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 5話と6話の感想

すかすか6話見ま見ま!!!
5話と6話はがっつり繋がっている印象だったのでまとめて感想書きます~(^人^)
4話で戦地から無事に(?)帰ってきたクトリちゃんに熱烈ハグしてビンタされたヴィレムくん。
5話冒頭はクトリが戦場で垣間見た幻覚が登場。
目が赤くなり、視界が朱に染まり…謎のようじょの幻聴まで聞えます。
こ、こわーー!!
早くおうちに帰ってバターケーキを食べないといけないのに、ケモお姉さんのお父さんが暗殺されそうだとかでヴィレムくんに力添えを頼んできます。
ええいかえらせろー!
ヴィレムくんティアットを迎えに行く時間だ!とつれない態度ですが、なんだかんだで結局巻き込まれちゃいます。
一方クトリちゃんは道中一緒ですが、ずっと幻聴と幻覚が気になって元気が無い様子です。
ケモ姉さんともバイバイして、やっとおうちに帰れる…というところで、ヴィレムくんにお呼び出しがかかります。
最初は断りますが、会わなければならない相手の名前を聞いた途端、態度を変えます。
行ってしまおうとするヴィレムを必死に引きとめるクトリ。
しかし、ヴィレムは行ってしまいます…。
おうちに帰ってきて、「ただいま」を言いかけますが、本当にただいまを言いたかった相手のヴィレムくんはここにはいません(´;ω;`)
5話でクトリがなんであんなにヴィレムと一緒に帰れないのを嫌がっていたのか謎だったのですが、6話を観て超納得しました。
クトリには時間がなかったんですね。
ヴィレムくんはかつての仲間のスウォンから、妖精が死んだ子供の魂から作られていること、寿命が短く、魔力的なものを使いすぎると前世の記憶に浸食されて精神崩壊を起こすことなどを教えられます。
クトリは「帰る」ために魔力をいっぱい使って奮闘した結果、前世の記憶に浸食されて精神崩壊しかけてるんですねー。うおー。
スウォンはダグウェポンのメンテナンスを唯一できるヴィレムくんに協力を仰ぎますが、「妖精はいくらでも調達できる」というスウォンの言葉にブチ切れちゃって決裂してしまいます。
すぐ死ぬとしても、使い捨ての兵器だとしても、スウォンに協力するよりも妖精たちと短い生を共に生きたいと思ったんですかねー。
もともとヴィレムくんは世捨て人状態でずっと死ぬことだけを考えていたと5話で語っていましたもんね。
いまのヴィレムくんは妖精たちのために生きてるんでしょうね。
そして、スウォンくんとバイバイして家に戻ったヴィレムくんですが……。
時すでに遅し、クトリちゃんは廃人になってしまっていました……(´;ω;`)
嘘やん6話でヒロインが精神崩壊するアニメ有り?!?!?!?!
クトリがベッドに横たわる部屋でナイグラートさんと呑むヴィレムくん。
もう一人で泣くのは疲れちゃった…とナイグラートさん。ええやつやなこのひと。
ヴィレムくんは、「クトリは幸せにしてやりたかった――まったくあいつはこんな男のどこが気に入ったんだか……」と……
言うと
「そんなこともわからないの?」
と後ろから声が!
「だってきみは私に色々な初めてを見せてくれた人……だから初めて好きになった相手がきみなのは当たり前のこと」
バターケーキの約束を果たすために精神世界から帰ってきたクトリちゃん!
やっと、ヴィレムくんはクトリちゃんに「おかえり」を言えました。
いやーーーーー、感動で鳥肌立ちました!(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)
クトリちゃん戻ってこれて良かったよう(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)
次回はいよいよ約束のバターケーキですかね!!楽しみです!

ID-0 第4話、5話 感想

ID-0視聴しま!!!
なんか日が開いてしまったので2話連続で!
4話はアマンザさんが逃げようとしたりなんかいろいろあってイドさんが相変わらず体壊しながらマヤに助けられてちょっと笑ったりいろいろでしたね!
イドさんの名前の由来になった「ID0」についても語られ、4話にしてタイトル回収!
アマンザさんが若干デレてこのままエスカベイト社に定着しそうな予感?
5話はオリハルト鉱石から出てきたようじょを衛星が追いかけてきている疑惑が浮上。
アマンザさんはようじょを宇宙に放り出せばおk!と血も涙も無い提案w
パッパもクルーを守るためならなんでもやる!なんでもだ!と強調します。
ようじょに対してキツい周囲に落ち込むマヤ。
ようじょのアハハハハ!という笑顔に励まされて、落ち込んでいないで何かせんと!と思い立つマヤ。
船外活動をしているイドさんに気付きます。
なんかクナイの特訓をしているイドさん……。
そこへアマンザさんが現れて、「なぜ記憶がない?」と質問w
記憶がないんだからわからないと答えるイドさん。
ではいつ今の意識を取り戻した?と、一番古い記憶を聞くアマンザさん。
イドさんは自分の過去を語り始めます。
7年前A級犯罪者の流刑船で目を覚ましたイドさん。
そのまま誰とも話す事もなく投獄され続ける日々……が唐突に終わり、宇宙を漂っていた今のボディに意識が突然移っていたとのこと。
自分の過去を調べようともしましたが、結局手がかりを掴むことも無く、いまはエスカベイト社のイドとして今を生きているというイドさん。
しっかりと過去を語ってくれたことに驚くアマンザさんですが、イドさんがこんなに詳しく話したのは、覗き見していたマヤに気づいていたからなのでした。
そんな話を聞かされ、オリハルトからようじょが出てきた時にイドさんと一緒に見た幻覚のような光景がイドさんの昔の記憶なのでは?と思うマヤ。
イドさんの昔のことがわかったところで、なにやら船の針路に雲が。
アマンザさんにようじょの子守りを任せて対処するマヤたちですが、なんとようじょを追いかけてきていた衛星が砂状っていうかもう素粒子レベルになって船の中へ攻め込んできますwww
こえー!!!!!!
イドさんはなにか作戦があるもよう。
マヤはイドさんたちを信じて、アマンザさんとようじょのもとへ向かいます!
モクモクと襲いかかる衛星w
イドさんたちは自動整備マシンに意識を飛ばしてマヤたちを助けます。
しかし、もうすこしで衛星を追い払えそうだったのに、衛星が触手のように伸びてようじょの足を掴んで船の外に連れ去ってしまいます!
ようじょーーーーーー!!!!!!
守れなかった……と涙するマヤですが……
なななんと、ようじょ衛星に宇宙空間に連れていかれても普通に生きていますw
オリハルト鉱石から出てきたし真空空間でも生きられるってこと?w
イドさんの手の中で笑うようじょ。
ようじょを見ていると、イドさんの中に過去の映像が思い浮かびます。
野太い声でようじょを「アリス」を呼ぶ……イドさん?
どうやらようじょ=アリスちゃんは、この体になる前のイドさんと会っているようです。
お前は……俺の過去だ!とテンション上がるイドさん。
イドさんは過去を取り戻すことができるのでしょうか~。
なんかとんでもない過去だったら怖いなあ~~。

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック